インプラント

インプラント治療とは?

インプラントは、歯周病や外傷などにより残念ながら歯を失ってしまった場合、その機能を補う有効な方法のひとつです。
失ってしまった自分の歯のかわりに人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛む力を回復いたします。
従来はブリッジや入れ歯など、残った他の歯に力や機能の分担をしてもらう方法が一般的でしたが、インプラント治療は、しっかり固定さるためガタついたりせず、元の自分の歯のように噛むことが出来、見た目も健康な歯に近くなります。

 

選択肢のひとつ

従来のブリッジや入れ歯治療に加え、選択肢が増えたことはしっかり噛みたいという患者さんにとりましては、とても有意義であると言えます。それぞれの方法には、メリット・デメリットがありますが、患者さんが何を優先順位とするのか、その優先順位について医師が最も最適と思われる方法は何かで選択すべきでしょう。インプラントも万能ではありませんので、向いている方・向いていない方がいらっしゃいますから、信頼できる歯科医師に一度ご相談されることをお勧めします。

 

それぞれのメリット

【ブリッジ】 ・固定式のため違和感がない
・部位によって天然歯と変わらない見た目
【入れ歯】 ・歯を多く失った場合にも適用
・隣の歯を削らないで済む
【インプラント】 ・噛む力が天然歯の80%迄回復
・天然歯と変わらない見た目
・隣の歯を削らないで済む

 

適合性(向いている方、いない方)

向いている方】
1.インプラントを埋め込むための顎の骨が質・量ともに十分な方
2.手術部位の骨に病変等がない方
3.歯周病等の感染症がない方
4.重大な全身疾患がない方

【向いていない方】
1.顎の骨の量が少ない方
2.顎の骨に病変がある方
3.重度の糖尿病・高血圧・心臓疾患等に罹患している方
4.重度のアルコール依存症の方